日本勢トップでゴールを駆け抜けたのは今井でも松村でも藤原でもない。ゼッケン138番、一般参加の高宮だった。「テープが張ってあったので両手を上げただけ。トップだと分からなかった。正直びっくりしている」...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)