豪雪地の山形県真室川町のスキー場で28日、雪国ならではの道具を使った雪上競技大会「ホワイトアスロン」が初開催された。住民など約80人の参加者は、深雪でも歩きやすくなる「かんじき」を履いての競走など、5...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)