「念願のダービーでも勝たせていただき、やり切った。悔いはない」。三股町出身で日本中央競馬会(JRA)の調教師・橋口弘次郎さん(70)が、定年のため今月末で引退する。競馬に携わる人たちにとって憧れの祭...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)