2020年東京五輪・パラリンピックに参加する海外の選手らと地域住民の交流を促進する「ホストタウン」構想で、前橋市は26日、県柔道連盟(富沢政信会長)と構想に関する覚書を結んだ。  覚書では同国と人...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)