宮城県は26日、東日本大震災の津波で職員ら43人が犠牲になった南三陸町の防災対策庁舎周辺を4月1日から2018年3月末まで2年間、一般の立ち入りを禁止にすると発表した。周辺で復興工事が本格化し、来訪者...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)