JR北海道は2月26日未明、北海道新幹線H5系車両(10両編成)が青函トンネル(53.85キロ)を走行中に火災検知器が作動し救援列車に乗り換えるという想定で避難訓練を行い、同社社員や警察・消防関係者...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)