広島は25日、右肘の違和感で春季キャンプを離脱した大瀬良大地投手(24)が「右肘内側側副靱帯(じんたい)の部分損傷」と診断されたと発表した。23日に広島市内の病院で精密検査を受けていた。加療期間は未...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)