「地元でプレーできることに誇りを感じている」。MF長沢和輝が千葉に帰ってきた。本拠地フクアリのピッチに立つのは、八千代高の主将として出場した2009年度の全国選手権以来。思い出の場所で、24歳の若武...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)