大阪市立桜宮高バスケットボール部の主将で、顧問に体罰を受け2012年に自殺した男子生徒の両親ら遺族が、大阪市に約1億7千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は24日、「体罰で精神的に追い詰めら...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)