背番号15の登場を待っていたかのように、雨雲は薄くなり、グラウンドに光が差し込んだ。黒田がフリー打撃に初登板し、40球を投げて安打性の当たりはゼロ。「順調。徐々に上げていきたい」と貫禄たっぷりだった...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)