気象庁は23日、東京・羽田空港に設置した新型の「固体素子二重偏波レーダー」を報道陣に公開した。水平と垂直の2方向に電波を発射するなど性能が向上し、空港周辺の風の急変や雨の強さをより正確に観測できる。運...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)