左の中継ぎとして活躍が期待される金刃憲人が順調な仕上がりを見せている。22日はブルペンで、伸びのある直球と鋭い変化球を投げ込んだ。「インロー(内角低め)、スライダー、空振り」などと、ピンチの場面を想...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)