1月の全日本高校女子選手権で優勝した藤枝順心の新主将が、傾きかけた流れを引き戻した。後半は今季初対戦の常葉橘に決定機をつくられたが、29分にMF福田ゆいが貴重な追加点を奪った。  一瞬の隙を突いた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)