第65回郡市対抗県下一周駅伝大会最終日は21日、雲仙市小浜町から島原、諫早市を通過して長崎市茂里町の長崎新聞社前にゴールする18区間、131・5キロのコースで行われ、長崎が3日間の累計21時間43分...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)