経験に裏打ちされた対応力。そして見せた圧巻の強さ。距離の第一線を退いたものの、成年男子C5キロクラシカルの恩田祐一(アークコミュニケーションズ)は他を寄せ付けない無類の速さでゴールし、会場をどよめか...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)