「ワールドカップメンバーが出ていなかったので優勝しないとダメだった」。ジャンプ成年Aの清水礼留飛(雪印メグミルク)は首位馬淵源(秋田)に2・5メートル差の準優勝に終わり、悔しさをにじませた。......    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)