厳しいコースの状態に、ベテランは確実にゴールする道を選び、表彰台を確保した。アルペン成年男子Bの昨年覇者、佐藤栄一(妙高リージョンク)は3位の結果にも「最低限、仕事はできたかな」と表情は明るかった。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)