北海道網走市で、オホーツク海の流氷が接岸して船舶が航行できなくなる「流氷接岸初日」が21日も確認されず、1959年の観測開始以来、これまでで最も遅かった91年2月21日の記録が更新されることが確定した...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)