千葉ロッテは先発陣入りを狙うドラフト2位新人の関谷(JR東日本)が五回から登板した。堂上に2ランを許し、2回を2安打2失点。初の実戦を終え「ほっとしたのと悔しいのが半々。ゼロに抑えないと」と何とも言...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)