新人オコエが球界を代表する速球派右腕、藤浪の151キロを中前にはじき返した。「とにかく差し込まれないように意識した。自信になる」と喜んだ。  二回1死一、三塁、1ボールからの2球目。真ん中低めのスト...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)