午前10時15分、スノーボードを背負った一団が雪の積もった斜面を歩いて登っていく。向かうのは群馬県片品村の前武尊山(標高2039メートル)の山頂。自然の雪山を滑走するバックカントリースキー・スノーボ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)