3試合連続の延長を勝ち上がった清水桜が丘が、東海大翔洋から6点を奪って大勝。大滝監督は「点を取るのはどんな形でもいい。今日はたまたま入っただけ」と話すが、連覇に王手をかけ表情は明るかった。  快勝を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)