浜松工は4年ぶりに挑んだAブロックで実力差を痛感した。前半こそ朝明(三重)陣内に攻め込む時間帯もあったが、後半は6トライを許した。  吉本監督は「体格で上回る相手に、正攻法だけでは点を取れない」と振...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)