第63回鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会最終日は17日、南大隅町根占から鹿児島市までの11区間114.8キロであり、鹿児島が3度目の日間優勝を飾るとともに、5年ぶり17度目の総合優勝を果たした。

 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)