水球のリオデジャネイロ五輪予選となった昨年12月のアジア選手権で優勝し、1984年のロス大会以来32年ぶりの五輪出場を決めた男子日本代表。快進撃の立役者が、ともに鳥羽高出身のエース竹井昂司(25)=...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)