県サッカー協会が整備を目指す「(仮称)とちぎフットボールセンター」の候補地選定が大詰めを迎えている。県協会の公募に対し、名乗りを上げたのは矢板、小山、鹿沼、さくらの4市。誘致を目指す各自治体は、今月...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)