宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日、巨大ブラックホールや銀河団を観測するエックス線天文衛星「アストロH」を載せたH2Aロケット30号機を、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。衛星は地球を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)