県は十六日、県体育館(名古屋市中区)の命名権(ネーミングライツ)を初めて公募販売すると発表した。契約は四月一日から三年間。「大相撲名古屋場所」の会場として全国的に知られることなどから、最低基準額は県...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)