事故発生から5年を迎える東京電力福島第1原発を17日までに、共同通信記者が取材した。構内のほとんどの区域では放射線量の低下により全面マスクを装着せずに済むようになったが、原子炉建屋周辺は依然として線量...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)