白熱する代表争いを横目に、淡々とピッチを刻む。昨年8月の世界選手権(北京)女子マラソンで7位入賞し、既にリオデジャネイロ五輪代表に内定した伊藤舞(大塚製薬)は、五輪イヤーに入り、2度のハーフマラソン...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)