JR北海道は16日未明、3月に開業する北海道新幹線が青函トンネル(53・85キロ)を走行中、車両故障で走行できなくなったと想定し、避難訓練を実施した。青函トンネル内で新幹線の車両を使った避難訓練は2回...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)