「代われるものなら、代わりたいぐらいだよ」。大学時代の友人の何気ない一言が、田中英祐投手の脳裏にずっと残っていた。昨年末、京都大学野球部の同級生17人が集まった同窓会に出席した。それぞれが別の道へと...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)