湯沢町の苗場スキー場で開かれたアルペンスキーワールドカップ(W杯)は14日、2日間の日程を終えて閉幕した。本県開催は41年ぶり。国際大会運営のノウハウがほとんどない状態で準備を進めた関係者は、ほっと...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)