世界陸上やり投げの銅メダリストでオリンピックに3大会連続出場した村上幸史選手(36)が13日、宇部市琴芝町の市総合福祉会館で講演した。集まった子どもや市民ら約170人に困難を力に変えるための考え方な...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)