男子の浜松商は苦しみながら2度目の頂点に立った。エース川副はアタック24得点の活躍にも「ミスが多すぎた」と、喜びより反省が先に口を突いた。  第1セットは川副、斎藤らの7連続得点で主導権を握って先取...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)