東洋ゴム工業は15日、2015年12月期連結決算を発表し、免震装置ゴムのデータ改ざん問題の関連費用として計466億円を特別損失に計上した。1~9月期で395億円を計上していたが、新たに71億円を積み増...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)