2月14日の「高知龍馬マラソン2016」ではレース中に倒れ心肺停止状態となった男性が、ランナーとして近くを走っていた医師や救急救命士、看護師らの行動によって一命をとりとめた。救護に当たった医師らはレ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)