1軍が11日間の久米島キャンプを打ち上げた。内外野のノックなどを行い、中堅に入った新人のオコエ瑠偉外野手(東京・関東第一高)らが鋭い返球を見せた。強風のため室内練習場で行った打撃練習では聖沢諒外野手...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)