見上げるような急坂を、選手たちが顔を真っ赤にして駆け上がっていく。上っては下り、下っては上るの繰り返し。学校近くの金ケ崎地区で行われる坂道ダッシュ「かながさき」は、グラウンド横にある20段を何往復も...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)