鳥取県立博物館が所蔵する弥生時代の銅剣に彫られたサメの絵があることが分かり、県立公文書館などが10日、発表した。鋳造後に絵を施した青銅器が確認されたのは国内初。銅剣は祭祀に使われたとされ、公文書館は「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)