興味深い数字がある。福井県大会、北信越大会計9試合中、勝利した4試合で、安打数が対戦相手と同じだった。チームを象徴する打線に勝負強さがあったが、エース田中嵐士ら投手陣が、走者を背負いながらも本塁を踏...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)