多彩な攻撃パターンと抜群の得点感覚でゴールを量産する。桐光学園高(神奈川)から加入したFW小川航基は、2020年東京五輪の日本のエース候補だ。今冬の全国高校選手権では2試合4得点。大会ベストイレブン...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)