いきなりの快音とはいかなかった。千葉ロッテのドラフト1位新人の平沢が8日、初のシート打撃でプロの投手と対決。3年目の二木と顔を合わせ、二飛と見逃し三振に倒れた。  第1打席で直球に詰まらされると、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)