「死に物狂いで練習し、開幕の先発枠に入る」。昨季のドラフト1位安楽智大が飛躍を期し、フォーム改善に取り組んでいる。注目を浴びた昨季は最終盤に先発で1勝を挙げる意地を見せたが、内容は「直球、変化球とも...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)