人工衛星打ち上げと称した事実上の長距離弾道ミサイル発射から一夜明けた8日、北朝鮮の首都・平壌中心部にある金日成広場で、「打ち上げ成功」を祝う祝賀大会が開かれ、大勢の市民や軍人らが参加した。北朝鮮国内は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)