北信越大会準決勝、長野商戦。七回、福井工大福井の左翼浅里太輝のビッグプレーが飛び出した直後の攻撃。流れを再びつかむためには、この回に勝ち越すしかなかった。「とにかく塁に出る」。先頭の4番北村進太郎は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)