スピードスケートの全日本ジュニア選手権は最終日の7日、長野県の軽井沢風越公園スケートリンクで各種目を行った。県勢は、男子5000メートルで横山碧生(山形中央高)が6分45秒64で優勝した。横山はジュ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)