七回制の七回無死一、二塁、高堀の内角直球を詰まりながらも左中間に運び、俊足を生かして三塁を陥れた。2番中堅でプロ初の実戦に臨んだオコエ瑠偉が「自分のスイングだけを考えた」と集中して入った第4打席で真...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)