流域自治体の反対で国が2009年に建設を凍結した大戸川ダム(大津市)をめぐり、国土交通省近畿地方整備局は8日、ダム建設の是非を検証する会議を大阪市内で開いた。建設の継続とダム以外の代替案を比べた結果、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)