剣道の有段者3人が2時間半連続で挑戦者と試合をする「第34回お情無用150分立切り試合」は7日、二本松市の城山第二体育館で行われた。  実行委の主催、県剣道連盟、福島民報社の後援。岡田勲六段(県剣道...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)